海外FXで稼ぐために知るべきこと

国内の業者との違いを把握しよう

最近では海外FXを副業にする人が増えていますが、国内の業者と大きく異なるためある程度の予備知識をつけてから始めないと厳しいです。

国内の業者は金融庁の許可を受けていますが、海外の業者は無関係のためトラブルが起きても自己責任で対応しないといけません。
海外の業者は国内と比べてレバレッジが高く一獲千金を狙え、口座残高不足でも追加証拠金が請求されないことや新規口座開設や入金でボーナスをもらえることでも人気です。

しかし、実際には日本語が通じないことや詐欺の被害にあうリスクがあり、デメリットもそれなりにあります。
また、海外の業者は多いですが近年では倒産も増えているため、許可を受けて営業し資金管理ができているか確かめて選ぶことが大事です。
このため、海外FXはメリットとデメリットが共存し、自分にあっているか確かめて始める必要があります。

出金や約定を拒否されると無意味

海外の業者は出金や約定を拒否されるリスクがあり、ならないようにするためには許可を受けて営業しているか確かめる必要があります。
金融ライセンスはあれば不正行為ができなくなり取得するために費用がかかり、経営が安定していると判断しやすいです。

しかし、なければ資金に余裕がなく倒産するリスクがあり、事前に確かめればトラブルが起きにくくなります。

海外の業者はボーナスキャンペーンを行いますが、あくまでも利用者を増やすための方法だと考えることが望ましいです。

また、資金管理の方法も信託保全が義務化されていないため、倒産すると預けた資金がなくなる可能性もあります。このため、倒産したときのリスクを考えないと失敗しやすく、金融ライセンスがあり資金管理ができているか確認して決めることが重要です。

スプレッドやサービス内容を比較して選ぼう

海外FXをするときは国内の業者よりもスプレッドが広く、取引コストが高く短期売買をすると利益を出しにくくなります。

このため、ECN口座を選ぶとスプレッドが狭くなりますが、ボーナスをもらえないため不利になりトレードのスタイルに合わせて決めることが大事です。

また、サポートや問い合わせが日本語に対応しているか確かめ、なければトラブルが起きても対処してもらえないこともあります。
利用者の口コミや評判は良ければ安心してトレードができますが、失敗をしないようにするためには自分にあっているか確かめて決めることが重要です。
海外の業者はレバレッジが高く一獲千金を狙えますが、安心して利用できるか確かめないと失敗するリスクがあります。

タイトルとURLをコピーしました