仮想通貨を副業にするなら知っておきたいこと

時間がない人でも始めることができる副業として挙げられる仮想通貨は、少ない資金から大きな資金にできる可能性がある投資であるという点からも大変注目されています。

一時は、仮想通貨というのは始めた人がみんな大きな儲けを得ることができるような誤解を得てしまうほど、成功の可能性が高い投資として注目されてしまい、大きなお金が動く投資として注目されてしまったことから、今でも一攫千金を目指す人物というのは投資を志してしまうのですが、そのような人が注意してほしいのは投資における詐欺についてです。

投資を行う際には、最低限の知識が必要となるのですが、誰でもその知識を身に付けることなく始めることができたり、確実に返金を得ることができるのであれば仮想通貨で投資を行いたいと思うものです。

その心理をついて、知識がない人のために投資方法の相談に乗るという名目で資料を購入させたり、絶対に損させない投資をこちらで代理で行うという名目でお金を預かろうとする人がいますが、これらは詐欺の危険性があります。

一度は返金に応じたあとは、連絡がとれずに多額の資金を奪われてしまったという被害者もいますので、国が営業を許可した取引所以外での取引を行わないことが懸命です。
また、仮想通貨は売却することで実際のお金にすることができるのですが、ここで知っておいてほしいのは、仮想通貨の儲けも課税の対象となるということです。

投資の初心者というのは、投資で儲けが出たとしてもそれが申告対象になるということを失念しがちです。
特に、会社員などとして雇用されて働いている人においては自動で税金などが引き落とされてしまいますので、収入の申告ということを忘れてしまいがちです。
そのため、仮想通貨で儲けが出たとしてっも確定申告をする必要があることを知らずに、知らず知らずに脱税してしまっている可能性がありますので、副業の場合には利益が年間通して20万円以上出た場合には報告を行うことを心がけていてください。

また、仮想通貨においては始めるための資金が必要となりますので、それは経費として考えられます。
仮想通貨を20万円分購入して、その通貨が値上がりして30万円で売却することができたとしても、20万円の投資にかけるコストがかかっているということから、収入は10万円ということになります。

この場合には課税の対象にはならないのですが、仮に20万円の投資金が40万円の儲けとなった場合には課税の対象になるかも、ということは覚えておいてください。

タイトルとURLをコピーしました